タグクラウド

よく使う iPhone / iPad アプリ

ミニ本棚

私が最近買ったり読んだりした本です。



こんなのあるよ!

オススメ


先日、ビジネスエアーという航空会社の飛行機でバンコクに行きました。ビジネスエアーを扱っているのはH.I.S.だけのようです。


海外で使うケータイとして買いました。SIMロックフリーなので、ドコモやソフトバンクのケータイが壊れたとき、このIDEOSにSIMカード(FOMAカード)を挿せば、日本国内でも音声通話は可能です。試しましたw
B004H7Z6UQ



震災もあったので、なるべく消費電力が低い端末が欲しいと思ってたところ、21,800円だったため買いました(もう、値上げしちゃってるようですが)。いろいろといじりがいがありそうです。
B0041QGKYO



自宅での作業の合理化などをしていくために、ピボット機能付きの24インチの液晶ディスプレイを買いました。iPad 2 よりも安く、自炊した書籍を読むにはちょうどよいと個人的には思っています!w
B001O8XEEG



メタ情報



11/20(日)、
@ITの記事でたまたま見かけたパソナテックアマゾン データ サービス ジャパンgumiの3社の共催による
Facebookモバイルアプリ on AWSクラウド アイデアソン&ハッカソン」改め
Facebookモバイルアプリ on AWSクラウド ~ハンズオン&ハッカソン~
に参加させていただきました。

アイデアソンだったのが、
ハンズオンに変わったのが参加しようと思ったキッカケです。

関連する分野の私のこれまでの経験を書いてみますと、
エマーソン・ミルズさんがAWSのエヴァジェリスト的な活動をされていた頃(2006年後半頃)にアカウントを作ったり、
2009年末にこの本を参考にEC2を試したことはありました。が、それっきりでした。

 

さて、
今回のこのイベントは、

午前 → ハンズオン
午後 → ハッカソン

という具合になっておりました。

 

午前は、

・玉川さんによる Amazon EC2 で Apache を稼動させるまでの一連の流れ
・堀内さんによる 「Facebookモバイルアプリの作り方」として 
 Mobile Web Tutorial をひとつずつ実際に動かす

がありました。

玉川さんは、次のスライド通りにやればできる内容でした。
(が、私は、ついインスタンスを2個作ってしまい、どっちが今いじっているやつかがわからなくなってしまい、
違うほうのSecurity Group設定をしつつ、「なんか、TeraTermから接続できねー」と思いつつ、
玉川さんに助けてもらいました。。。)

http://www.slideshare.net/kentamagawa/3aws

http://www.slideshare.net/kentamagawa/3amazon-ec2

 

これまでですと、
「LinuxのISOイメージをダウンロードして、DVDに焼いて、PCにイントールして。。。」
みたいなことをして、かなり時間がかかる、いわゆる「サーバ構築」の内容が、
10分かからない程度(アカウント登録済みであれば5分かからない程度)で
できてしまうというのが、Amazon EC2 の素晴らしい点の1つです。

次は、堀内さんの番。 Mobile Web Tutorial をひとつずつ実際に動かしました。
Amazon Linux上で vi を起動し、そこにJavaScript のサンプルをコピペしては
動作確認をしていくといった流れでした。
それ以前の私は、Facebook API というと、PHPでやるものだと思っていましたが、
JavaScriptで結構できてしまうということを知りました。
 

そして、一旦、昼休み。
とにかくこういうことは、
どんだけ場数をこなして慣れるかってことが大事であると私は思うので、
ご飯どころではなく、丸善 丸の内本店のIT系の書籍売り場へと向かい、
関連するであろう書籍に目を通してきました。

 

午後になり、ハッカソン(個々がもくもくとプログラミングをしていくこと)になりました。
私は午前中の復習からはじめました。

私はいつものごとく、
シンハラ語関連の何かを作ろうと思い、その実現に向けて動き出しましたが、
TeraTerm越しでのviエディタだと、シンハラ文字が通らずに文字化けしてしまい、
その解決にかなりの時間を費やしてしまいました。
 

最初のうちはTeraTermの設定変更でできるんじゃないかと思ったりもしてたんですが、
結局わかりませんでした。

 

仕方なく、「Amazon Linux 上で FTPサービス を動かす」ということで回避することにしました。
私のPC環境ではシンハラ文字はフツーに使えるので、
FTPでbinaryでAmazon Linux上に転送すれば解決すると思ったわけです。
しかし、まあ、iptablesの設定とかが厄介でした。
(今、検索してみたら、こんなわかりすいページが見付かりました。。。)

 

詳細は省きますが、最終的には、私は3位になることができました。
(Facebook API の部分は動作不備がいろいろありましたが。。。)

「納期に合わせて、何らかのカタチにし、発表できるところまで持ち込む」
というのは、仕事でも趣味でも私が徹底しているというか、習慣化していること。

締切厳守でそれなりにカタチにした実験レポートを提出しないと、
留年しちゃうような大学にいたので、
そういった経験が非常に役立っているように思います。
「(学会)発表しない研究は、そもそも研究ではない」みたいなことをよく言われてました。

 

ちなみに私のハッカソンでの時間配分はこんな感じでした。

13:35~14:30 午前中の復習
14:30~16:30 TeraTermと格闘 ~ FTPサービスを稼働させる
16:30~17:30 シンハラ文字入力ページに Facebook API を埋め込む試行錯誤
17:30~18:00 パワーポイントにやったこと等をまとめる

 

 

 

「Facebookモバイルアプリ」としてのカタチは上記のように非常にショボいものでしたが、
今回のイベント参加をキッカケに、ブラッシュアップさせていく道が見えてきました。

 

これまたショボいですが、パワーポイント化したものを以下に記します。
(slideshareもシンハラ文字は通らないため、画像化しました)

 

AWS や Facebook API 以外でも、いろいろと得るものはありました。

玉川さんがプレゼンする際にお使いだった ZoomIt。

 

これって、Mac OS にはあるけれど、Windowsには無かった機能。
プレゼンする際に見やすくするためにピンポイントで拡大表示したりするのに非常に便利ですよね。

中国のサイトとかだと、「大圖」って書いてあるところをクリックすると拡大表示されますよね。

というわけで、
今回もパソナテックの大圖さんたちの見えない力によって、
非常によいイベントでありました。
 

本当にありがとうございました!!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。