タグクラウド

よく使う iPhone / iPad アプリ

ミニ本棚

私が最近買ったり読んだりした本です。



こんなのあるよ!

オススメ


先日、ビジネスエアーという航空会社の飛行機でバンコクに行きました。ビジネスエアーを扱っているのはH.I.S.だけのようです。


海外で使うケータイとして買いました。SIMロックフリーなので、ドコモやソフトバンクのケータイが壊れたとき、このIDEOSにSIMカード(FOMAカード)を挿せば、日本国内でも音声通話は可能です。試しましたw
B004H7Z6UQ



震災もあったので、なるべく消費電力が低い端末が欲しいと思ってたところ、21,800円だったため買いました(もう、値上げしちゃってるようですが)。いろいろといじりがいがありそうです。
B0041QGKYO



自宅での作業の合理化などをしていくために、ピボット機能付きの24インチの液晶ディスプレイを買いました。iPad 2 よりも安く、自炊した書籍を読むにはちょうどよいと個人的には思っています!w
B001O8XEEG



メタ情報



「これ、CD(プレーヤー)で聞けるようにお願いできない?」 
と土曜日に先生に言われ、カセットテープを渡された私は、
昨日、秋葉原で上記のモノを買ってきました。

カセットテープをmp3に変換するにはこの機械で簡単にできます。
mp3のデータをCDにするのは、
Windowsであれば Windows Media Player で簡単にできます。こんな具合に。

iPhoneを持っていたり、facebookをやっていたりする人からすると、
「なんで今頃、わざわざCDにするの? mp3のままでいいじゃん」 とか思われることでしょう。

だけど、そういうニーズはあるんです。

「最新の物事が善」というわけではないわけで。。。

古いこともわかり、新しいことにも対応でき、
TPOに合わせて、ダウングレードも選択できるスキル。

こういうのが今、とても大事だと思います。

 

先進国が途上国に対して、近代化を押し付けることにより植民地化するようなことは
今でも行われていますよね。
で、若い人は自国の古くさい物事よりも、近代化された国の最新の物事がかっこよく思えてしまい、
自国の文化をあっさり捨てて欧米化していってしまう。
年齢の高い人は、時間とともに自然にいなくなってしまうので、
継承が困難となり、文化も崩壊。

 

ITの分野で考えてみても、

老舗の大企業とかではCOBOL(コボル)というコンピュータ言語で
事務処理をしていたりするのですが、
21世紀に入ってからコンピュータに関わるようになった人は
COBOLとか知らない。
COBOLを使っていた人たちは定年になってしまった。

コンプライアンスが重要な時代になったというのに、
COBOLがわかる人がいないから、
システムの改修もままならなくなり、
新規システムを開発することを選択し、大失敗。
そして今、COBOLがわかる人は引っ張りだこになると思いきや
IT技術者派遣会社のコーディネータとか、会社の人事の人は、
そもそも技術的なことがわかっていないため、
ミスマッチングが発生。。。

 

という具合に、
新しい物事を勢い任せで若い人が強引に押し付けるのではなく、
古い物事もわかっていて、古い物事を継承するなり、
今用意できる材料で、延命するとか、
そういうことができる人が需要。

確かに老害もいるけれど、老賢者もいる。

新しい物事にスグに飛び付くのではなく、
古い物事を学んで、今に活かすというのは、
技術の世界でも一緒だなぁと思ったりもします。

 

そうそう、私が昨日、秋葉原で買った機械は、Amazonでも買えるみたいです。

サンコー カセットテープをMP3に変換するプレーヤー USSW175A
B004NGH4HY

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。