タグクラウド

よく使う iPhone / iPad アプリ

ミニ本棚

私が最近買ったり読んだりした本です。



こんなのあるよ!

オススメ


先日、ビジネスエアーという航空会社の飛行機でバンコクに行きました。ビジネスエアーを扱っているのはH.I.S.だけのようです。


海外で使うケータイとして買いました。SIMロックフリーなので、ドコモやソフトバンクのケータイが壊れたとき、このIDEOSにSIMカード(FOMAカード)を挿せば、日本国内でも音声通話は可能です。試しましたw
B004H7Z6UQ



震災もあったので、なるべく消費電力が低い端末が欲しいと思ってたところ、21,800円だったため買いました(もう、値上げしちゃってるようですが)。いろいろといじりがいがありそうです。
B0041QGKYO



自宅での作業の合理化などをしていくために、ピボット機能付きの24インチの液晶ディスプレイを買いました。iPad 2 よりも安く、自炊した書籍を読むにはちょうどよいと個人的には思っています!w
B001O8XEEG



メタ情報



1つ前の記事とはまた違ったことを書いてみます。
今回のCEATECの私のイチオシは、LINE EYEさんです。
Hall6 の 6E28 です。

まずはコレ。

見た目としては、2ポートのハブみたいなものですけど、
LANパケットテスターです。

SPAN(ミラー)ポートとか作れないネットワーク機器の環境下でも、
この機器を使えば、ほとんどとりこぼしなくパケットをキャプチャーできるというシロモノ。
キャプチャーしたデータはUSB2.0ポートから出力する仕様であるため、
100Mbpsのラインレートまでの対応となりますが、
Wireshark だとか Sniffer よりも小回りがききそうです。

さらに、キャプチャとしての機能だけでなく、
パケットジェネレータにもなっちゃうとのこと。
性能試験をする際にいろいろと活用できそうです。

詳細はコチラからどうぞ。
http://www.lineeye.co.jp/html/product_LE-580FX.html

 

 

写真は取り損ねてしまったのですが、
USBプロトコルアナライザーも魅力的でした。

詳細はコチラからどうぞ。
http://www.lineeye.co.jp/html/product_le620hs.html

この機械は、USBケーブルの中を流れるデータを解析することができます。
ネットワーク系のエンジニアがこの機械を使うようになると、
簡単に制御系のエンジニアにもなれてしまいそうなくらい、
非常によくできたものと思いました。

ネットワークのプロトコルアナライザーはいろいろありますけれど、
USBのプロトコルアナライザーも存在したんですね!

こういうのを工業高校や工業大学の学生が使うようになると、
技術立国の再生にも貢献できるのではないかと思いました。
 

 

 

 


Fans:Fans

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。