タグクラウド

よく使う iPhone / iPad アプリ

ミニ本棚

私が最近買ったり読んだりした本です。



こんなのあるよ!

オススメ


先日、ビジネスエアーという航空会社の飛行機でバンコクに行きました。ビジネスエアーを扱っているのはH.I.S.だけのようです。


海外で使うケータイとして買いました。SIMロックフリーなので、ドコモやソフトバンクのケータイが壊れたとき、このIDEOSにSIMカード(FOMAカード)を挿せば、日本国内でも音声通話は可能です。試しましたw
B004H7Z6UQ



震災もあったので、なるべく消費電力が低い端末が欲しいと思ってたところ、21,800円だったため買いました(もう、値上げしちゃってるようですが)。いろいろといじりがいがありそうです。
B0041QGKYO



自宅での作業の合理化などをしていくために、ピボット機能付きの24インチの液晶ディスプレイを買いました。iPad 2 よりも安く、自炊した書籍を読むにはちょうどよいと個人的には思っています!w
B001O8XEEG



メタ情報



先週、待望の血圧計が届きました。
上記の写真の数値は、届いて最初に計測したときの値です。

ほぼ、この企画における目標数値と一緒の数値!

私の場合、
呼吸法だのいろいろと心身の調整はそれなりに習得してきたので、
血圧の数値という面では、健康っぽいですw

 

この血圧計、後ろ側には北澤さんのサイン付き!?
(サッカーの北澤豪さんね)

届いて、箱を開け、書類に目を通してビックリしたことは、
この血圧計は、USBでパソコンに接続して、クラウド上にデータを蓄積できるだけでなく、
パソコンがない環境であれば、おサイフケータイ(FeLica)を経由して、クラウド上にデータ転送できるんです。

血圧の情報をを多くの人に開示しつつ、
健康になろうなんてことをすると、
それだけで血圧上昇しちゃうんじゃないかとか思ったんのですが、
WellnessLINK というサービスには、
血圧以外にも、体重だとか歩数を記録する機器からもデータをアップロードできるようになっていて、
そちらを使っている方々は競いながらお互いに目標達成できるような
SNSのような機能も 提供しているようです。

また、血圧データを基にこんなふうなPDFファイルも作ってくれます。

こんな具合に日々、自分の血圧を記録していけば、
ちょうど、サーバやネットワークの運用監視におけるMRTGのように、
異常があったら簡単に検知でき、
対応ができるようになりますよね。

現時点での私は、血圧は問題ありませんけれど、
こういう具合に日々、記録を付けてモニタリングしていくことは、
とても大事だと思います。

Fans:Fans

Tags:

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。