タグクラウド

よく使う iPhone / iPad アプリ

ミニ本棚

私が最近買ったり読んだりした本です。



こんなのあるよ!

オススメ


先日、ビジネスエアーという航空会社の飛行機でバンコクに行きました。ビジネスエアーを扱っているのはH.I.S.だけのようです。


海外で使うケータイとして買いました。SIMロックフリーなので、ドコモやソフトバンクのケータイが壊れたとき、このIDEOSにSIMカード(FOMAカード)を挿せば、日本国内でも音声通話は可能です。試しましたw
B004H7Z6UQ



震災もあったので、なるべく消費電力が低い端末が欲しいと思ってたところ、21,800円だったため買いました(もう、値上げしちゃってるようですが)。いろいろといじりがいがありそうです。
B0041QGKYO



自宅での作業の合理化などをしていくために、ピボット機能付きの24インチの液晶ディスプレイを買いました。iPad 2 よりも安く、自炊した書籍を読むにはちょうどよいと個人的には思っています!w
B001O8XEEG



メタ情報



 

日本での発売はいつになるかのかは私にわかりませんが、
8秒で起動するというChromebookが
6月15日に欧米7カ国(米国、英国、フランス、ドイツ、オランダ、イタリア、スペイン)で発売されますよね。
(GIGAZINEだとかいろんなところに情報ありましたよね)

一応、私の家には 発売されるChromebookに非常に近いであろう環境があるので、
Chromebookを注文して手元に届いたら、どういう流れで使えるようになるのか、
予想を含めてそのあたりの画面キャプチャを紹介します。

 

1. まず、こんな入力画面が現れます。
最初は英語モードです。

 

2. 日本語が使えるモードにこんなふうにして切り替えます。
とにかくいろんな言語に対応しています。

 

3. キーボードを日本語仕様に変更します。

 

4. 英語か日本語しか選べないようになっているので、
言語を切り替えるときよりは時間がかかりません。

 

5. この例ではネットワークが「イーサネット」になっていますが、
Chromebookの場合はここはワイヤレスネットワークになっていまして、
無線LANの設定をすることになります。

 

6. そして、ログイン画面が現れます。
Googleのアカウントを持っていないと、使う意味がほとんどなくなってしまいます。
ゲストとして入って、Webとかを見ることも一応できますけど。。。

 

7. ここで、Gmailに入るときのメールアドレスとパスワードを入力するわけです。

 

8. ちょっとの間だけ待たされます。
Googleと認証のための通信をしているようです。

 

9. Chromebookを複数人で共用するようなこともあるでしょうから、
自分をイメージするアイコンを選択するか、Webカメラで自分の写真を撮って登録します。
(ここでは私は葉っぱの画像を選択してみました)

 

10. Chromeが起動!
Webを見たり、Gmail使ったり、Googleドキュメントで仕事したりします。

 

といった流れは、買ったばかりのときの流れであって、
通常時は電源投入後8秒で 6 の画面が現れ、そこの認証が終わると 10になります。

 

Chromebookが活用できる人は、既に Google Apps を使っている人です。

まだ、Microsoft Office とかを使っているような人は、
今のうちに Google ドキュメント だとか Google Apps を使い始めて慣れておく必要があります。

まだの人は、たとえば、こういう本とかを読んで準備しておくとよいかと思います。
4881668587

 

MacでもWindowsでもなく、
いきなりブラウザのChromeが起動するというのがChromebookです。
基本的にはデータはクラウド上に置いといて、
Chromebookにはデータを残すような使い方はしないような設計となっています。
いわゆる、クラウド端末なんです。

ですので、
電波の届かない場所だとか、
インターネットに接続できない場所だと、
使い物になりません。

とはいえ、一応、
Gmailに添付されたファイルなんかを一時的にChromebookにダウンロードするようなことはできます。

オフライン状態でも使えるようになるのは、
いつくらいになるかはわかりませんけれど、
そのうち対応するようです。

いずれにせよ、
日本で発売される場合、
iPhoneみたいに、どこかのキャリアと組んでの発売になるのでしょうけれど、
いったいどこから出ることになるんでしょうねぇ。。。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。